ボイストレーニングって難しいの?

同じ声をコントロールできるようにする

人はコミュニケーションとして声を使います。生まれた時から鳴き声があり、その後子供の時の声、成長期による声変わりなどを経て安定した声になります。では常に同じ声が出ているかといえばそうではありません。意識をせずに出している声は、毎回微妙に異なります。歌などを歌っても、同じように聞こえて常に違うのが一般的です。声を仕事にする歌手や声優、アナウンサーとなると常に安定した声を出す必要があります。そのために行うのがボイストレーニングです。これまで無意識に話している声がありますが、まずは自分の声を知ります。そして出したい声が出せるようにトレーニングを行います。訓練を行うボイストレーナーがいますから、その人の指示に従えばできるようになります。

自分の声ではない声を作り出す

ボイストレーニングをする人として、歌手やアナウンサー、そして声優がいます。歌手やアナウンサーは、基本的には自分の声を安定して出すトレーニングを行います。それがその人の特徴になります。いろいろな声を出す必要はなく、ある声が決まればそれをいかにコントロールできるかになるでしょう。声優は一応自分自身の声も使います。しかし、役柄などがあり、それに合わせる必要があります。つまりは自分の声以外の声を作る訓練が必要になります。声を作るのは難しくはありませんが、それを安定して作るのは大変です。プロの声優として仕事をしようとするなら、作った声をコントロールできるようにならないといけません。声優養成所であれば、ノウハウがあるので出せるようになります。